2014年02月21日

おやつ

我が家では「ミルフィーユ」と呼ばれているお菓子
その名も
「ミルフィー」が久々に登場しました。

義父の実家の近くのお菓子やさんのものなので
基本的にいつでも買えるものではなく、
たまに食べるものですから
毎回「ミルフィーユあるよ〜♪」てなことになっちゃうわけですね。

ミルフィー.jpg

しかしこれ前にもご紹介しているような…
と思ったらやっぱり画像がありました。(2013.7.25のブログ参照)

2013伊豆沼ミルフィー.jpg

こちらがミルフィーの中身です。
ミルフィーユ要素はスポンジ生地とクリームの間にパイ生地がはさまっているところでしょうか。


ミルフィーユ一族の「一年に1回会うか会わないかのハトコ」だと思えば…
まあ、いいか、って思います!
posted by 研究員 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月17日

近いようで遠い話

先日の水筒事件
翌朝登校しながら探したら道端に落ちていたそうで、無事見つかりました。

「ちょっと中身を飲んでみたけどね、冷たかったよ」と言った三男…
もうお母さんはどの辺を突っ込んで良いやら分かりません。
一晩落ちてたものは飲んじゃ駄目だってば!



しかし息子のことばかり言えない私。

先日も服を買いに行き
以前そこで購入したセーターの色違いが欲しいな〜と思い店員さんに声をかけたものの
一番大事なセーターの材質の名称がどうしても思い出せず
ふと頭に浮かんだのが「アルパカ」という言葉。
カタカナ4文字だった気がする。というだけの理由でアルパカを連呼し店員さんの手を煩わせてしまいました。

本当はカシミヤだったんですけどね!
「すみません。こちらの感じしかないのですが・・・」
と言われて
「あ。これです、これです!」
と言ってしまえた図々しさに、自分で自分を恥ずかしいと思いました。


このお店では以前パンツのすそ上げを頼み、引き換え券を渡す際に
直前にお昼を食べた飲食店のレシートを提示し続けるということもしてしまっているのでした。
あのときの店員さんの気の毒そうな表情は今でも覚えています。
お客様だけに「違います!」とすぐに言えず気遣って頂いたのですよね。

というわけで私のおっちょこちょいは
「間違いに気づかないのに割と押しが強い」という嫌な進化を遂げそうになっております。
本当に気をつけなければ!
posted by 研究員 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月28日

みずき団子作り

今朝の遠野は我が家の温度計でマイナス14度でした!

道路に霜柱を見つけたので
わーい★と思い踏みに言ったら…踏めませんでした…堅すぎて…
身長が霜柱分ちょっと高くなっただけでした〜(>_<)
サクッとしない霜柱。
経験してみたい方はウェルカム遠野ハート(トランプ)


さて、今日は末っ子2年生の学校へ行ってきました。
地域の方に教えていただく「みずき団子作り」のお手伝いです。

私も遠野に来てからはじめて知った岩手の風習で
ミズキの枝に食紅で色づけされた色とりどりの団子を飾り、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈る小正月の行事です。

まずは飾り用の団子を作ります。
粉を混ぜ合わせ熱湯で練ったら、桃色、黄色、緑の三色に色付けした団子をまゆのような形に作り(養蚕がうまくいくようにという願いもこめているようです)ゆでます。

次に子ども達が作るお団子(食べる用)を準備したところで元気な2年生登場!
今度は子ども達に丸めてもらい、ゆでて、砂糖醤油をからめていただきました。

丸いのや平べったいの、いろいろな形のお団子が出来ましたが
一番緊張したのは、出来たお団子を子ども達のお皿に取り分けたとき!

いっせいに子ども達の目が私の持つおなべの中に注がれるんです。
「大きいのが欲しいな〜」という心の声がダイレクトに聞こえます。私ってエスパー?!

配る前に
「大きさはいろんなのがあるけどね、
大きいのは平べったくて、小さいのは分厚いよ★」
という謎の声がけをし、子ども達がその意味を一生懸命考えている間に配るという技で乗り切りました!
うそはついてない…と思います。。。
もとの大きさはほぼ同じなので…。


ずっとやってみたいと思っていたみずき団子作り、
地域の方の長年受け継がれてきた知恵や工夫に感心しながら楽しい時間を過ごしました。

ちなみにミズキの枝にかざったほうのお団子は、飾り終えたら油で揚げておかきにすると美味しいそうです。
そっちも食べてみたい… 美味しいんだろうな〜★★★
と思いながらふと息子を見たら「お母さん、もっとお団子食べたかった。家帰ったら同じの作っておいて!」と一気に言って教室に帰って行ったのでした。

こんなに丁寧な手間をかけてみずき団子を再現するのは無理!
白玉団子でお茶をにごしても良いですか…(-_-;)
posted by 研究員 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月23日

今さらですが年賀状・・・

お年玉つき年賀状の当選番号が発表になりましたね!
…といいつつ、まだ調べていませんが。

今年は1等賞品がお金なんですね。
時代に合わせて試行錯誤した結果なのでしょう。

テレビが賞品だったころがちょっと懐かしいですが、何等かに当たれば賞品が何でも嬉しいな〜と思う、過去切手シートしか当たったことのないからすなのでした。


我が家の昨年の年末風景

年末の年賀状書き.jpg




メールや電話も便利な世の中ですが
この一年お世話になった方や、普段会えない友達に文字でご挨拶することを
子ども達にも大切にして欲しいなと思っています。
はがきの住所や名前の書き方も覚えて一石二鳥です(^^♪

ところでこのお正月に子ども達に来た年賀状を見せてもらっていてふと気づいたことがあります。
誰一人「おもちの食べ過ぎに気をつけよう!」って書いている子がいなかった!!!
私が小学生のころは、もらった年賀状の約半数には必ず書いてあったんですけどね〜(^^ゞ
私自身も書いた記憶がありますよ。
お正月といったらおもちを食べ過ぎて、胸焼けするものだと思っていました。

でも遠野にきたら家族みんなお餅好きで、季節に関係なくお餅を食べたり、お祭りにお餅をまいたりするのに驚いた記憶がありますから、地域の問題?でしょうか?

posted by 研究員 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月21日

ほっと一息

今日から小学校の三学期が始まりました!
冬休み…長かったです(>_<)

遠野以外の方から見たら驚くべき冬休みの長さだと思いますが、住んでいる私でさえかなり驚く長さです。

両手にたくさんの荷物を持ってよろよろと登校して行った子ども達。
でも久しぶりに友達に会えるとあって嬉しそうでした。

さすがにこんなに休みが長いと、学校に行きたくてたまらない気持ちになるようですね(^.^)


私も…そろそろ学校始まらないかな〜とずっと思っていました!
とにかくたくさんの宿題が出るので、丸付けや進み具合を叱咤激励するのにほとほと疲れ果てたからです。


去年の夏休み、ドリルの答えをなくしてしまった時は(なくしたのは私です)本当に大変でした。
二年生の末っ子の問題にはまだ何とかついていけたのですが、四年生となると…自分の頭のさび付き具合にがっかりしたものです。こっそり計算機で確認したりして(^^ゞ

この冬休みは中2の長男に4年生の丸付けを頼み
4年生の次男に2年生の丸付けを頼むというグッドアイディアを思いついたものの

長男の丸付けは厳しすぎ
次男の丸付けは甘すぎるという事態でケンカが起こり、結局私が丸付けすることになったのでした。

自分が小学生のころに覚えた漢字の書き順が全く違っていたり、理科のリットルの表記が大文字のLになっていたり、思い違いや新しい流れに翻弄され続けている母なのでした。
今日は久しぶりに「おなかすいた」の声が聞こえない午前中。
ちょっとほっとしますね。


posted by 研究員 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月13日

雪山遊び

遠野にも本格的な冬がやってきました。
最低気温が軽くマイナス10度を超えていきます。

寒さに対して後ろ向き発言の多い私ですが、これでもだいぶ遠野独特の寒さに慣れてきたなと思います。

その証拠に…
冬休みでパワー爆発の子ども達に付き合って山へ!

1月になってもう4度目の山。

雪遊びその1.jpg

しかし…どれだけ元気なのか…
周りが白いので角度をあまり感じられない写真ですが
こう見えて結構な急斜面なんですよ(~_~)雪が積もっていなければ崖の部分ですから。

雪遊びその2.jpg

滑りすぎて山肌が見えてきた…。

ここで急に私の中にスイッチが入りました。
私だって…やれるさ!やれるはず!
ここでひとつお母さんの本当のすごさをみせてやろうではないか!!!

「行くよ〜!」と滑り出してすぐおしりにものすごい衝撃が。斜面に切り株があったんですね…。
「わあ!痛いよ〜」と叫びながら体は止まらず加速(体重のせいですね…)
最後のところは小さいジャンプ台みたいになっていたので
少し飛んで着地(というか落下)しばらく動けませんでした。

夫も子ども達もしーんとしてました。

まあ、今年の度胸試しは上々でしたね(強気)
今朝はおしりの痛さで目が覚めました。くわえて鞭打ちのような首の痛みも。
体力UPが今年の最重要課題かもしれません・・・・

posted by 研究員 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月03日

2014年

皆様ご無沙汰しておりました。
気付いたら新しい年が始まっていましたね〜(^◇^;)

今年ももくもくBlogは細々ながらつぶやいて参りますので、どうぞよろしくお願いいたしますハート

さて、お正月。
我が家は商売をしているため大晦日まで仕事で、2日には店を開けるので大事な大事な1日です(^◇^;)
毎年裏の鍋倉山に行って冒険を行うのが、我が家の男子たちの楽しみでして、今年も行って参りました。

南部神社にお参りし、山のてっぺんのそのまた奥にある鍋倉城址本丸跡を目指します。
そこにすっくとそびえる一本の木に向かい新年の抱負を心に想ったら、いよいよ冒険スタート

普段は急な崖を雪の力を借りて滑り下りる。
ただそれだけの行為が男子(夫含む)の心を鷲掴みです。

我が家での通称は
鍋倉おとこまつり(^◇^;)

お母さんは足手まといだから…としぶる彼らの後からヨボヨボついて行く私です。
街を一望できるこの場所で、みんなでこんな遊びを思い切り出来る貴重な機会、あと何回くらい経験出来るのかな?

2014鍋倉おとこまつり.jpg

posted by 研究員 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月04日

寒い朝

今朝の遠野の気温はなんと7度!

夏ばかりか秋も終わってしまいました…(>_<)

我が家は古い町家が連なる商店街にあるため
昼間のおひさまはほとんど入ってきません。

ちなみに朝から電気をつける生活なので、
リフォーム関係の某テレビ番組を見るたびに
(光の匠が家に来てくれないかなあ〜)と切実に思っております。

まあそれはともかくとして…
東北人としてあるまじき「人一倍の寒がり」である私。
自分で言うのもなんですが
性格は結構我慢強い方(^m^)
でも寒さだけは!苦手なんです!

遠野の人達は昔から厳しい寒さと上手に付き合って共存してきたからか
ちょっとやそっとの寒さくらいでは文句を言ったりしません。

だから私の寒がりはとっても目立つ!



ただそんな私でも 遠野の厳しい寒さの中でふと感じる荘厳な空気、
寒いからこそ冴える夜空の美しさ
そしてどんなに寒くてもりりしくまっすぐに立っているお山達を目にする時
自分の弱っちい心根にカツを入れたくなるのです。

この信じられないくらいの美しい風景が出来上がるためには
寒さが必要なんですね、きっと。うんうんうんうん。

今年の冬にこそ負けないぞ〜♪


posted by 研究員 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月02日

こんな休日

お祭りが終わってふと気付けば秋真っただ中☆

食欲の秋ですね♪(と言いつつ春夏秋冬一年中、食欲をなくす事のない私です…)

今日は本業のお菓子屋が定休日だったので 午前中は常備菜をまとめて作りました。

毎日三食家で食べる我が家にとっては「ご飯」は生活の中心と言っても過言ではありません。

お店と家が一体化しているために 揚げものとか手の込んだものを作りたい時は

義母と協力して乗り切るのですが

メインの他にさっと出せる小さなおかずは大助かりなのです。


朝ごはんと夕ご飯は7人分!

特に育ち盛りの息子三人には しっかりバランス良くご飯を食べて欲しいな〜と思っています。

食べ物はその人の身体だけでなく 心もつくってくれると思うからです。

でもモチロン手抜きの日もありますし、おやつにスナック菓子を食べる事も多々あります。

お店が忙しい時もあれば 私のやる気が無い時もあり…だから決して無理はしません(笑)


今日は息子達が好きなものを中心に一時間ほどでささっと何品か作りました

2013常備菜を作る

かぼちゃの塩バター、チキンのトマト煮、ししとうの炒め煮、きんぴらごぼうなど…

何の変哲もないおかずですが

これらがあればご飯の支度がぐぐっとラクに!

しかも料理はいい気分転換になります!

自分も楽しくて 家族にも喜ばれる 「遊び」のようなものですね♪
posted by 研究員 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月13日

あきまつり

秋はお祭りの季節ですね。

ここ遠野では「遠野八幡宮例大祭」と「遠野祭り」という二つの大きなお祭りがあります。(もちろんこの季節は市内の各地の神社で素晴らしい伝統芸能が多数奉納されているのですが、それらの芸能が一堂に会するのがこの2大お祭りなのです!)

伝統芸能にはいろいろな種類があって、鹿踊りや南部ばやし、さんさに田植え踊り、神楽や神輿などなど…。住んでいる地域ごとに、昔からの芸能を大切に継承し続けているのです。

私が住んでいるのは町中の「一日市」(ひといち)という商店街でして、こちらに伝わる伝統芸能は「一日市南部ばやし」です。
祇園の芸者衆の踊りを元にした優雅な踊りの列を大胴、小胴の鼓方、太鼓や三味線の山車、笛のお囃子が盛り上げるというなかなか壮大な芸能です。

我が家は男子ばかりなのでメインの踊り子は出来ません(^^ゞ)
今年は夫と長男が笛の囃子方、二男と三男は装束を着て山車に乗りながら演奏する太鼓と、それぞれわかれました。

特に三男は今年初めて太鼓に出ることになりとても張り切って練習しています!
2013お祭り太鼓練習.jpg

いつもはやんちゃ坊主の三男もいつになく神妙に指導して頂いているのが何だか面白いです。


こちらは中高生メインの笛の子達です。

2013お祭り笛練習.jpg

少子化の中、こうした伝統芸能を継承し持続していく力が地域からどんどん失われている昨今ですが、今の子ども達にとってこそこういう経験が必要なのではないかなあと考えたりしています。
posted by 研究員 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月03日

ワークショップ

気がつけば涼しい風吹く9月の遠野です。
今年の夏はスタートが寒くて驚きましたが徐々に暑くなり…
それでも(アツイっ!!!)と感じたのは1週間くらいだったように思います。

短かったな…夏…(^^ゞ)
ちなみにこちらの学校は始業式も8月19日からと早いので
ますます「夏短い」感が否めませんね…。


さてさて、そんな夏でしたが
もくもくにとっての大イベント!
無印良品有楽町店でのワークショップがありました。

都会の子ども達はこの素朴すぎる木の絵本にどんな反応を示すのだろう…
と心配もしながら迎えた当日でしたが…

キラキラの目を輝かせ、木の絵本でゲラゲラ笑いながらお話作りを楽しんでくれる子ども達に
いい意味で裏切られました!(^^)!

もちろん緊張一杯で挑んだ訳ですけれど
同時に楽しくて面白くてワクワクして
心の中にアドレナリンみたいなものが噴出しているあの感じを
何と言い表したら良いものか。

スタッフの方々の細やかなご協力や
子ども達に付き添っていらしたお家の方々の温かい眼差しが
世界最大規模という巨大な有楽町店舖に飲み込まれそうだった私達の緊張を
ほぐしてくれたのだと思います。

手前味噌ですが
もくもく絵本って面白いんだ…?と改めて気付いたような…
普段皆さんの反応をここまでダイレクトに感じられる機会はありませんので
新鮮な驚きでした。

思えば無印キャラバン隊の長谷川浩史さん梨紗さんが
良いものを探して全国を旅する中で
このもくもく絵本を見つけてブログで紹介して下さったのが始まりでした。

ワークショップから帰って時間が経つにつれ
じわじわと しみじみと
有り難いなあと思い続けている私です。

2013もくもくワークショップ.JPG
posted by 研究員 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月25日

今日のおやつ


「今日のおやつは頂き物のミルフィーユがあるよ〜♪」
と家族に言われて 喜んで食べ始めた私わーい(嬉しい顔)

「このパイのサクサク感がおいし〜ぴかぴか(新しい)」とモグモグ
何気なく包装を見ると 
…あれ?

2013伊豆沼ミルフィー.jpg

ミルフィー!?

ユがなかった…。


頭の中には
るんるん星空の〜下のディ〜スタ〜ンスるんるん
がまわってます。(これはアルフィーです)

思い込みってコワイですねがく〜(落胆した顔)

でもこのパイ生地の感じはまさしくミルフィーユあせあせ(飛び散る汗)
あ、周りがスポンジでくるんであるから厳密にはミルフィーユじゃなくて、でも限りなくミルフィーユに近いからミルフィーなのかもexclamation×2

そうなると、限りなくショートケーキに近い ショートケー
限りなくクッキーに近いクッキ
限りなくパフェに近いパフ
なんてのもありな訳ですねひらめき
posted by 研究員 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月24日

寒い遠野


猛暑が話題の全国ニュースについていけてない松田ですふらふら

ここのところの遠野の気温は大変低く
先週は最高気温が19度!の日がありました台風

これはもう禁を犯してアレをやるっきゃない!ということで
(まあ誰も禁じてはいませんが)
やってしまいました。

20137月の鍋.JPG

鍋です・・・。


違和感なく美味しく頂きまして、それがまた驚きでした。
東北とはいえ例年の遠野は夏は普通に暑くて、イエむしろ盆地ですので普通以上に暑くて晴れ35度くらいになるのです。

それがこの寒さですから、何だか調子が狂ってしまいますねあせあせ(飛び散る汗)
posted by 研究員 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月01日

例年になく寒い日が続いている遠野ですがあせあせ(飛び散る汗)
ようやく 桜が咲き始めましたぴかぴか(新しい)

とは言ってもまだまだ3分咲きくらいでしょうか?
街中はまだまだこれからといった感じです。

観光にいらっしゃるお客様も
「寒いですね〜。びっくりしました」
と驚かれるかた多数で、何だかとても申し訳ないです。

ゴールデンウィーク後半にはもっと暖かくなり桜もどんどん咲いてくると思います。

長い長い冬の後に来る一瞬の桜
今年ほど待ちわびる年もないな〜と思いますが
待つ時間が長かった分
いつもより桜が輝いて見えるだろうなあ〜と楽しみでするんるん
posted by 研究員 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月22日

とあるお店にて

2013ふりかけにポカリ?.JPG

スポーツマン専用ふりかけでしょうか?!

こういうのを発見すると嬉しくなっちゃいますね(^^♪
posted by 研究員 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月15日

家庭訪問

今週は家庭訪問ウィークです!
小学生二人&中学生一人、とびとびに3日間で3人の先生をお迎えすることになります。

春になって家の埃が気になる時期でもありますし、この時期はちょっとしたプチ大掃除をするのが恒例になりました。家庭訪問のおかげです…


毎日お掃除していても意外と気付かないところに埃がたまっていたり…(^^ゞ)

「お客様目線」で見ると普段は気にならない、物の置き場所が急に気になってしまったり…。


様々な発見にいちいち驚きつつ、綺麗になった部屋はやはり気持ちの良いものですね。
すがすがしい!

さてこのすがすがしさは何分くらい続くのでしょうか!

と言ってるそばから三男が柿の種をボリボリ食べている…(-"-)
分単位でも無理だったか〜!

posted by 研究員 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月09日

ねここけし再び

春休みに仙台に帰省した折
いつも行くお気に入りのこけし工房で
新しい「ねここけし」を購入しました

以前のブログでもご紹介したことがありますが
2012ねここけし.jpg

仲間が加わってこんな感じに…

2013ねここけし2.jpg

茶色い方が新入りねここけしです

このこけし、一つ一つ大きさも表情も違うので
じーっくり眺めてぴぴっとくるものを探す楽しさと言ったら…!

工房(秋保にあります)にはいろいろな変わりこけしがあり
行くたびに少しづつお気に入りを増やしているんですよ〜♪

定位置はお店のボーズのスピーカーの上です(^O^)/
posted by 研究員 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月08日

4月

4月になりましたるんるん
春ですね〜ぴかぴか(新しい)と言いたい所ですが

遠野はまだ寒いですもうやだ〜(悲しい顔)

桜が咲くのもゴールデンウィークごろですから
まあまだ寒いのも当然ですね

ただ確実に春の気配は近づいています。

@いつもの極厚くつしたを履いていると足が何だかむずむずする
Aタートルネックを着ていると息苦しいことがある
Bダウンジャケットが何だか似合わないと感じる

などなどの変化に気持ちが当てはまるようになったら
それは春が近い!ということなのですかわいい

冬が長い分、早く春が来ないかな〜と
「待つ」楽しみを味わえることが
もしかして春の一番嬉しいところかもしれません!
posted by 研究員 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月22日

お詫びと感謝


15日のNHK全国ニュースでもくもく絵本を御紹介いただき

おかげさまでたくさんの方からご注文やお問合せを頂いております。

ありがとうございます!


ただ、すぐにでも皆様の元へ木の絵本をお送りしたいと願いつつ

在庫がなくなってしまったため

現在ご注文フォームがご利用頂けず大変ご迷惑をおかけしております


お問合せフォームからのご注文は受け付けておりますが

今ご注文を頂いた場合でも 納品は3月ころになるかもしれません(本当にすみません)


皆様に申し訳ない ブログをやっている場合ではない

としばらくブログをお休みしてしまいました


ところがお申込み下さったお客様方からは

「時間がかかっても欲しいです」とか

「ゆっくり気長に待つから大丈夫ですよ」とか

「到着がとても楽しみです」など

励ましや前向きなお言葉を頂戴し

本当に感動と感謝の気持ちで一杯で

何とかこの気持ちをここでお伝えしたいと思い

ブログを再開させて頂きました


私共は確かに商品をお届けする立場ではありますが

こうしてお客様からのあたたかい触れ合いや関わりを届けて頂き

言葉では表せないくらいの大きな贈り物を頂いた気持ちです

ありがとうございます


お待たせしているお客様には大変ご迷惑をおかけしておりますが

商品がお手元に届くまでどうかお待ち頂けますよう

改めてお願い申し上げます
posted by 研究員 at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月11日

綿花


家に来ている大工さんから頂きました

2012綿花.JPG

綿花でするんるん


綿って植物なんですよ~目なんて、私も普段はつい忘れていますあせあせ(飛び散る汗)

化繊の 軽くて 膨らむ綿が主流のこの頃

真綿で作ったお布団なんていうものも

とんと見かけなくなりましたねあせあせ(飛び散る汗)


でもこの茶色い枝から ぽわっとはじけた綿の白

何だかとても心ひかれませんかぴかぴか(新しい)
posted by 研究員 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記