さて、今日は末っ子2年生の学校へ行ってきました。 地域の方に教えていただく「みずき団子作り」のお手伝いです。 私も遠野に来てからはじめて知っ…" />

2014年01月28日

みずき団子作り

今朝の遠野は我が家の温度計でマイナス14度でした!

道路に霜柱を見つけたので
わーい★と思い踏みに言ったら…踏めませんでした…堅すぎて…
身長が霜柱分ちょっと高くなっただけでした〜(>_<)
サクッとしない霜柱。
経験してみたい方はウェルカム遠野ハート(トランプ)


さて、今日は末っ子2年生の学校へ行ってきました。
地域の方に教えていただく「みずき団子作り」のお手伝いです。

私も遠野に来てからはじめて知った岩手の風習で
ミズキの枝に食紅で色づけされた色とりどりの団子を飾り、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈る小正月の行事です。

まずは飾り用の団子を作ります。
粉を混ぜ合わせ熱湯で練ったら、桃色、黄色、緑の三色に色付けした団子をまゆのような形に作り(養蚕がうまくいくようにという願いもこめているようです)ゆでます。

次に子ども達が作るお団子(食べる用)を準備したところで元気な2年生登場!
今度は子ども達に丸めてもらい、ゆでて、砂糖醤油をからめていただきました。

丸いのや平べったいの、いろいろな形のお団子が出来ましたが
一番緊張したのは、出来たお団子を子ども達のお皿に取り分けたとき!

いっせいに子ども達の目が私の持つおなべの中に注がれるんです。
「大きいのが欲しいな〜」という心の声がダイレクトに聞こえます。私ってエスパー?!

配る前に
「大きさはいろんなのがあるけどね、
大きいのは平べったくて、小さいのは分厚いよ★」
という謎の声がけをし、子ども達がその意味を一生懸命考えている間に配るという技で乗り切りました!
うそはついてない…と思います。。。
もとの大きさはほぼ同じなので…。


ずっとやってみたいと思っていたみずき団子作り、
地域の方の長年受け継がれてきた知恵や工夫に感心しながら楽しい時間を過ごしました。

ちなみにミズキの枝にかざったほうのお団子は、飾り終えたら油で揚げておかきにすると美味しいそうです。
そっちも食べてみたい… 美味しいんだろうな〜★★★
と思いながらふと息子を見たら「お母さん、もっとお団子食べたかった。家帰ったら同じの作っておいて!」と一気に言って教室に帰って行ったのでした。

こんなに丁寧な手間をかけてみずき団子を再現するのは無理!
白玉団子でお茶をにごしても良いですか…(-_-;)
posted by 研究員 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86239641

この記事へのトラックバック