2014年02月21日

おやつ

我が家では「ミルフィーユ」と呼ばれているお菓子
その名も
「ミルフィー」が久々に登場しました。

義父の実家の近くのお菓子やさんのものなので
基本的にいつでも買えるものではなく、
たまに食べるものですから
毎回「ミルフィーユあるよ〜♪」てなことになっちゃうわけですね。

ミルフィー.jpg

しかしこれ前にもご紹介しているような…
と思ったらやっぱり画像がありました。(2013.7.25のブログ参照)

2013伊豆沼ミルフィー.jpg

こちらがミルフィーの中身です。
ミルフィーユ要素はスポンジ生地とクリームの間にパイ生地がはさまっているところでしょうか。


ミルフィーユ一族の「一年に1回会うか会わないかのハトコ」だと思えば…
まあ、いいか、って思います!
posted by 研究員 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月17日

近いようで遠い話

先日の水筒事件
翌朝登校しながら探したら道端に落ちていたそうで、無事見つかりました。

「ちょっと中身を飲んでみたけどね、冷たかったよ」と言った三男…
もうお母さんはどの辺を突っ込んで良いやら分かりません。
一晩落ちてたものは飲んじゃ駄目だってば!



しかし息子のことばかり言えない私。

先日も服を買いに行き
以前そこで購入したセーターの色違いが欲しいな〜と思い店員さんに声をかけたものの
一番大事なセーターの材質の名称がどうしても思い出せず
ふと頭に浮かんだのが「アルパカ」という言葉。
カタカナ4文字だった気がする。というだけの理由でアルパカを連呼し店員さんの手を煩わせてしまいました。

本当はカシミヤだったんですけどね!
「すみません。こちらの感じしかないのですが・・・」
と言われて
「あ。これです、これです!」
と言ってしまえた図々しさに、自分で自分を恥ずかしいと思いました。


このお店では以前パンツのすそ上げを頼み、引き換え券を渡す際に
直前にお昼を食べた飲食店のレシートを提示し続けるということもしてしまっているのでした。
あのときの店員さんの気の毒そうな表情は今でも覚えています。
お客様だけに「違います!」とすぐに言えず気遣って頂いたのですよね。

というわけで私のおっちょこちょいは
「間違いに気づかないのに割と押しが強い」という嫌な進化を遂げそうになっております。
本当に気をつけなければ!
posted by 研究員 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月14日

消えた水筒

インフルエンザや胃腸炎が流行るこの季節、子どもたちの通う学校では
「お茶うがい」なるものを推奨しています。

各自が水筒に入れたお茶でうがいをし感染症の罹患率を減らそうという運動でして、我が家でも毎朝緑茶を入れて持たせています。

ところが昨日帰宅した三男の水筒が台所に出されていないので聞いたところ
「なくした」と。


「忘れた」はよくあるんです。非常〜によくあるんです。
持って行って学校におきっぱなし。かつ一回のうがいもしてなくて中身はたっぷりという
それはそれで脱力なものですが…。
しかし「なくした」というのは?

供述によれば(笑)朝ランドセルの横にぶらさげていった水筒が、学校に着いたらなくなっていたと言うんです。
水筒ですよ、水筒。
重さもあるしかさばる水筒を途中で落としたら、いくら何でも気づくでしょう!
しかもなくしたなら帰りに探しながら歩いてくるとかしなくっちゃ!
夜になって、しかも聞かれてからなくしたことを思い出すなんて。
全くもう…。うちの子供たちときたら三人とも物の管理が悪すぎる!

他の兄弟に余波を飛ばしつつ、ぷんぷん怒りながら布団に入った私の脳裏にふとよぎる光景が…
それは一年生のころ、うわばき入りの袋を手に持って下校したのに家に着いたらなくなっていたという私の思い出でした…。

上記と全く同じことを母に言われて泣きながら道をたどって探したあの日。
私の場合、手に持ってたんですからね。
しかも当時学校まで歩いて5分。
むしろ息子よりひどいです。

ちなみにうわばき袋は道端に落っこちてました。
全くアメージングな出来事でした。神隠し?イエ単なるそういう落ち着きのない子どもでした…。
最終的にはあきれ果てて無口になった母の姿を覚えています。

まぁつまり…私のDNAだったということで、そんなアメージングな失くし方も絶対ないとは言えない。と、今朝息子には伝えておきました。
でもとにかく登校しながら探すように!と厳命したのですが果たしてどうなったことでしょう。


posted by 研究員 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠野

2014年02月13日

つるし雛

「遠野町屋のひな祭り」では、ミズキの枝に小さな雛ものをつるす「みずき雛」を飾るのが特徴です。

今年は初めて私もつるし雛を作ってみました。


お裁縫は好きなのですが
何といっても私の欠点は「夢中になりすぎる」こと。

楽しくて集中してしまうと何も見えず聞こえない状態になり
即座に生活に支障が出ます(^^ゞ)
それにやり始めたらやめたくないんです!

小学生の時、本を読むのが大好きで大好きで
図書室で借りた本を家に帰るまで我慢できずに歩きながら夢中で読んでいてトラックにぶつかったこともあります。
止まっているトラックだったのでたんこぶで済みましたが
たんこぶをなでながら、まだ読むのをやめなかったという…危険な人物。

そんなこんなのたくさんの失敗があるので
みずき雛作りも「夢中になってしまったらマズイ」と遠慮していたのですが、
本当はずっと作ってみたかったのです。

だいたいの材料や本はの家にすでにそろっていたのですが
さらに本を自分でも買い、講習会にも出席。

無心で針を動かす時間は楽しくて楽しくて…
やはり危ない境地に入りかけました。

今回はちゃんと自分にブレーキをかけることが出来たため(?)
あまりたくさんは作れませんでしたが
出来栄えはともかく 自分で作ったものは愛着がわきますね!(^^)!

今年のひな祭りは時々自分のつるし雛を見上げてニヤニヤしながらお店に出ようと思います★

つるし雛.jpg




posted by 研究員 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠野