2012年09月02日

コオロギ



何日か前から  

夜になると夜

コオロギの美しい鳴き声が聞こえてきます



家の中からexclamation×2exclamation×2exclamation×2



どこにいるんだろう〜〜〜がく〜(落胆した顔)

遠野に住むようになって驚いた事は

「虫が大きいような気がする」ことです


どの虫もやたらといきがよいのです

遠野の自然の中で のびのびと生活しているからなんでしょうねぇ



と、現実逃避してみたものの

コオロギ どこにいるの〜いくら鳴き声がステキでも姿が見えないとちょっとコワイです

彼ら ピョーンと出ますからね 突然ですからねあせあせ(飛び散る汗)
posted by 研究員 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記