2012年09月10日

わりばしガンマン


「ねぇ〜お母さん、なんかして遊ぼう〜」

いつもは自分で遊びを見つけて走り回っている子ども達ですが

たまにはこんな日もありますねかわいい


よっしゃ!と「わりばしてっぽう選手権」を開催することにしました

まずはわりばしてっぽう作りからexclamation×2


本当は小刀(肥後のかみは今売っているのだろうか?)の使い勝手が良いのですが

相手はわりばしですからカッターでも十分大丈夫ですぴかぴか(新しい)


わりばしに切り目を入れると上手に折れます

2012わりばしてっぽう作り.JPG

あ、その気になってます

次はまとを作って…とは言ってもまとは前に作ったのがありました

2012わりばし鉄砲まと.JPG

家にある妖怪本を見ながら書いたので

水木しげる先生の影響が如実に出てますあせあせ(飛び散る汗)


あとはまとをねらって撃つべし撃つべし〜

わりばしてっぽうは簡単にできる割に

工夫のし甲斐もあるので

大人が夢中になっちゃいますね〜わーい(嬉しい顔)


posted by 研究員 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月09日

博物館にもくもくが!


昨日の続きの博物館

昔の暮らしコーナーには

ちゃぶ台、黒電話電話、昔の主婦の友本(これすごく面白いです。行くたびに熟読目

洗濯機やアイロン、ハエ取りなどなど

かつて遠野の日常に使われていた道具の数々が展示されています


2012博物館昔の茶の間.JPG


ちゃぶ台のスペースは靴を脱いで上がることが出来、

ノスタルジーにひたれることうけあい

(でもこのノスタルジーに浸れるのは昭和生まれの大人だけ???)


さて上記の写真、もう一度よくご覧くださいるんるん

ハイ、左端に見覚えのある4個組がぴかぴか(新しい)

じゃんexclamation×2

2012博物館もくもく.JPG

もくもく絵本の「だれがどすた?」があるんですよ〜黒ハート

行かれた折にはぜひチェックして下さいねわーい(嬉しい顔)

posted by 研究員 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月08日

博物館


遠野に住んでいてもしょっちゅう行ってしまう場所ダッシュ(走り出すさま)

それは博物館です


遠野市博物館は図書館と隣り合わせで

家から200メートルないくらいの距離なので

思い立ったらすぐ行けてしまうという…ビル


今日も子ども達にせがまれて図書館ついでに行ってしまいました

ぴかぴか(新しい)(遠野の子どもは無料で入れるのです。我が家の子ども達はしょっちゅうふらりと博物館へ…)


遠野の博物館は面白いですよ〜

水木しげるさんオリジナルの遠野物語のミニフィルムはここでしか見られませんexclamation×2し、

タッチパネル式の展示や

よく出来たジオラマ

触っても良い昔の遠野の暮らしコーナーなどなど大人も子供も楽しめまするんるん


遠野物語の世界観も満載 昔てんぐが置いて行った品exclamation×2などのレアな展示もあったりして目

コアなファンも楽しめるようになっています


長いジオラマの中には

2012博物館長いジオラマ.JPG


2012博物館かっぱ.JPG

お約束のかっぱも!

遠野物語に出てくる馬の尻小玉を抜こうとしてつかまったあのかっぱですねひらめき

ちなみに遠野のかっぱは赤かっぱですよアート


そして実はもくもく絵本も この博物館に置いてあるんです

詳細は明日〜わーい(嬉しい顔)


posted by 研究員 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月07日

パピルスその後


8月6日のブログでご紹介したパピルス

大きいパピルス紙を作れるようになるまで育てよう〜ぴかぴか(新しい)

毎日お世話をして一カ月


2012パピルスその後.JPG

上には伸びましたが

太さは変わらない気がしますあせあせ(飛び散る汗)


これは…10年位かかるのですか?


でもこのパピルスのおかげで息子の夏休みの自由研究は

模造紙7枚もの大作にexclamation×2

子どもって好きな事には頑張れるグッド(上向き矢印)んですよねかわいい
posted by 研究員 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月06日

悩んでいる事

今ちょっと悩んでいる事

それは1万円exclamation×2のスマホケースを買うか否か

そのケースは一つ一つ手作りの

 木製なんですグッド(上向き矢印)


毎日触る携帯が 木の手触りだったら 

ほっとするな~いい気分(温泉)


そう思ってかれこれ1カ月 悩み中です
posted by 研究員 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月05日

読書


秋の夜長は読書が楽しいですね夜

本を読むのが大好きな私ですが

普段は気を付けているんです。

スローガンは「途中でやめる勇気」

ついつい夢中になって時間も明日の仕事も忘れてしまうからです…もうやだ〜(悲しい顔)



小学生の頃も、そうやって途中でやめることが出来なかった本を歩きながら読んでいて

トラックにぶつかったことがありますがく〜(落胆した顔)




それなのに、先日久しぶりにやってしまいました。
夜中の3時まで読書



だいたい危険な本のジャンルは決まっているのです。

かわいい推理物→犯人を知るまではやめられない

かわいい冒険物→ハリー・ポッターなどは途中でやめると登場人物がわからなくなる

かわいい恐怖物→京極夏彦さんは本の厚さからいっても大変危険



今回読んだのは
貴志祐介著「悪の教典」でしたあせあせ(飛び散る汗)

上下巻あるのに上でやめられなかった〜ダッシュ(走り出すさま)

次の日はモチロン使い物にならなかった私

気を付けないと…



でもやっぱり本を読むのはやめられません黒ハート

posted by 研究員 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月04日

お祭り練習その2


今日は囃子方の笛の練習風景を

2012祭り練・笛.JPG

ここは主に中高生が練習しています

南部ばやしは女子が主役の出し物なので

男子は笛や太鼓、鼓などの囃子方担当です

子ども達は 自分の住む地区によって決まっている伝統的な出し物を

小さい時から練習していきます


笛の子供たち

はじめて吹く横笛に悪戦苦闘中

こころなしか顔色が悪くなってゆく子もいました

強く吹き過ぎexclamation×2

強く吹けば出るってものでもないらしいです
posted by 研究員 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月03日

お祭り練習


今日から遠野祭りの練習が始まりました

第一回目の今日は「はやし開き」で

全員が一堂に会し

三本締めで祭りの安全な運行と成功を祈念しました手(パー)手(パー)


その後はパートに分かれて練習です



南部ばやしは 祇園ばやしをモデルに始まったもので

その踊りは優美であでやか

市内にある南部ばやしの団体は4つほどありますが

踊り子はいずれも華やかな飾りや衣装を身にまといぴかぴか(新しい)

各々の屋号が入ったまわしを腰につけているのが特徴ですかわいい


踊り子の後ろには太鼓や三味線の人がのった山車が続き

踊り子の両側には 大きい鼓の大胴と小さい鼓の小胴が寄り添います


2012祭り練・踊り1.JPG

練習はみんな体操着やら普段着ですがあせあせ(飛び散る汗)

毎日練習して 約2週間後に

本番を迎えます
posted by 研究員 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月02日

コオロギ



何日か前から  

夜になると夜

コオロギの美しい鳴き声が聞こえてきます



家の中からexclamation×2exclamation×2exclamation×2



どこにいるんだろう〜〜〜がく〜(落胆した顔)

遠野に住むようになって驚いた事は

「虫が大きいような気がする」ことです


どの虫もやたらといきがよいのです

遠野の自然の中で のびのびと生活しているからなんでしょうねぇ



と、現実逃避してみたものの

コオロギ どこにいるの〜いくら鳴き声がステキでも姿が見えないとちょっとコワイです

彼ら ピョーンと出ますからね 突然ですからねあせあせ(飛び散る汗)
posted by 研究員 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月01日

流行

今日から9月ですねかわいい


遠野も暑い日が続いていますが

朝晩はすーっと涼しくなってきましたダッシュ(走り出すさま)

そのせいか…ぐっすり眠ってしまって起きられませんあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


9月に入ると

遠野は どこの地域も お祭りモード全開になります


獅子踊りや太神楽 南部ばやしなどなど

たくさんの郷土芸能が繰り広げられる遠野まつりは

9月15日、16日の二日間でするんるん

posted by 研究員 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記