2012年08月31日

親の背を見て子は育つ

昨日の偽装アイス当り棒の話には続きがありましたあせあせ(飛び散る汗)

その日の夜 机にポツンとこんなものが




2012ニセ当り棒その2.JPG


マネされたexclamation×2

自分もやってみたくなったんですね…ふらふら




でも息子よ

棒が乾く前に書くと…にじむよ?




ニセの当り棒事件、当ってもいないのに何となく幸せな気分になった出来事でしたるんるん




posted by 研究員 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月30日

偽造!

暑い日にはアイスが美味しいですね晴れ

ガリガリ美味しいガリガリくん

でも我が家の人達は よほどくじ運がないのか

何本食べても当たりが出ません


気分だけでも当りたかったのか

ひっそりと置いてあった「偽造当り棒」exclamation×2

2012ニセ当り棒.JPG


犯人は夫です

子ども達は当り棒を見たことがないので

「あ!当ったの?お父さんすごーい!」と

ビックリしてましたあせあせ(飛び散る汗)
posted by 研究員 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月29日

夏のおでん

暦の上では夏も終わりだと言うのに

今年の夏は本当に暑いですねバッド(下向き矢印)



夕べの晩ごはん 何にしようかな〜と考えていた私の頭に降って来た謎の言葉

夏のおでんexclamation&question


確かどこかの雑誌の何かのページで見たのです

夏のおでん

何だか良さそう〜〜〜ぴかぴか(新しい)


しかし、料理名「夏のおでん」以外 材料も作り方も

なーんにも覚えていなかったもうやだ〜(悲しい顔)………


でも決めたのですexclamation×2

今日の夕飯は「夏のおでん」に決定とexclamation×2


子ども達に「今日は夏のおでんにするけどどんな具が食べたい?」と早速リクエストを受け付けます

「こんにゃく!」
「もちきんちゃく!」
「結び昆布!」

「よっしゃ、お任せあれ〜わーい(嬉しい顔)」うーん、いつものリクエストと同じだけど。


とにかく時間が無い!おでんは味シミが大事なのですから!

早速大根や人参を下ゆでし、スープをはった大鍋に材料を投入していきます

がんもやさつまあげ、つくねやゴボウ天、ちくわも美味しいな〜

子ども達からのリクエストのこんにゃく、もちきんちゃく、昆布もOKでするんるん


アツアツではなくてちょっと冷やして食卓へ

からしをつけていただきまするんるん

「おいし〜黒ハート」と大好評のうちにお鍋はからっぽになりましたハートたち(複数ハート)

良かった良かった

はて、今日のおでん、「夏」の要素はどこにあったんでしょうあせあせ(飛び散る汗)

今度検索してみます
posted by 研究員 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月28日

歯抜け

末っ子一年生の 下の前歯

少し前からグラグラしていたのですが

夕べようやく抜けましたわーい(嬉しい顔)


ワタクシ調べによります「歯ぐらぐら占い」では

歯がぐらぐらし始めた時 どういう行動を取るかで

その子の性格が分かりますexclamation×2


どの子もおおむね次のパターンに分けられます

@積極的にぐらぐらさせて早めに抜こうとする。

A自然の成り行きに任せておく。結果ずいぶん長い事ぐらぐらのままでいる場合もある。

Bものすごくプランプランになっているにも関わらず、自分で抜く事は出来ない。
 結果、何かのはずみで自然と抜ける。


AとBは「痛いのがコワイ」という気持ちがあり、

@は痛みより違和感の方がいや、もしくは早く歯が抜けた後のそう快感に到達したい

という気持ちがあるのではないかとexclamation×2

そしてそれは何か物事に取り組む時の姿勢に反映するのですexclamation×2

なんて独断と偏見で睨んでおりまするんるん



我が家の三人兄弟は

三人とも歯が生えるのが遅かったので 

抜けるのも遅くあせあせ(飛び散る汗)

3年生になってやっと上の前歯が抜けた子などは

一人だけ遅れて「面白顔」になるという不名誉に泣きましたダッシュ(走り出すさま)


すきっ歯になった末っ子は

喜んで「この隙間からうどんを食べるんだ〜ぴかぴか(新しい)

とワクワクしていました

ちなみに彼は 最後の最後でどうしても自分では抜けず

私がくいっと抜きましたよどんっ(衝撃)
posted by 研究員 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月27日

ホップ

3年生の息子は 今日ホップ農家さんへ見学に行きました

遠野はホップの一大産地です

遠野産のホップを使用したキリンビールの一番搾りビール

飲んだことのある方もいらっしゃるのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)

遠野に来るまでは  

ビールのホップに思いを巡らせた事はなかった私ですが

今の時期 ホップ畑には 優しい緑色のホップがたわわに育っていて

そういう風景を見た上で飲むビールは  

一味違う気がします


息子達はホップの収穫を見学させて頂く予定とのこと

「おみやげにビールとか…ないかなあ〜グッド(上向き矢印)」とふざけて言ったら

じろりとにらまれましたふらふら


小学生の見学ですからねあせあせ(飛び散る汗)

まだホップの段階ですからねあせあせ(飛び散る汗)


ホップがどんな風に育って どんな風に収穫され どうやってビールになるのか

帰って来た息子に教えてもらうのが楽しみでするんるん
posted by 研究員 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月26日

田んぼの学校

今日は「田んぼの学校」に行ってきましたわーい(嬉しい顔)


附馬牛(つきもうし)の大出という

遠野の中でもかなり山の奥の方にある田んぼで

田んぼの生き物を調べるという

ワクワクする学校でするんるん

2012田んぼの学校・遠景1.JPG

田んぼに集合ダッシュ(走り出すさま)

みんなで田んぼの周りをぐるりと歩いて 生き物を採取したり観察したりしていきます

2012田んぼの学校・遠景2.JPG

生き物を見つけたら、虫の専門家の葛西先生に見て頂きます

里山の豊かな自然に囲まれて 自然の方法で稲を育てている田んぼには 

いろいろな生き物が暮らしていました

2012田んぼの学校・クモ.JPG

あちこちにいた大きなクモ

動きの素早さがすごいんですexclamation×2

目の前で網にかかったバッタを あっという間にクルクル糸でまきつけるあせあせ(飛び散る汗)

精力的?というか とにかく元気なんですね

ちょっと珍しい生き物もいました

2012田んぼの学校・スナヤツメ.JPG

スナヤツメという淡水魚の一種(正確には魚類ではないんだとか)

2012田んぼの学校・貝.JPG

ちっちゃい貝なども…ぴかぴか(新しい)


田んぼを作っている 遠野エコネット代表 千葉和さんが

稲の植えてある田んぼの中も歩かせて下さいました

長靴が抜けず泥んこになりながら 目をキラキラさせて

夢中で生き物を探す子ども達の姿が印象的でした黒ハート


トンボやバッタ、イナゴにクモ、チョウ、ゲンゴロウやヤゴ

その他たくさんの生き物に会えたひとときでした

posted by 研究員 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月25日

タグ

だれがどすた?のタグを作っていました

2012だれがタグ.JPG

一枚一枚ていねいにはりあわせていきまするんるん

しっかりくっついたら

先を切って出来上がりぴかぴか(新しい)
posted by 研究員 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月24日

国際フォーラム

昨日から遠野で開かれている 国際フォーラム

21世紀における柳田国男

に行ってきましたダッシュ(走り出すさま)


遠野物語の研究者の方々のお話は さすがに専門的な事も多く


深い霧の中にいるような そんなもやーんとした感じの中で

それでもじっと集中して聞いていると

急に霧が晴れる瞬間がありexclamation×2ばっとメモを取る


そんな時を過ごし 2本くらいは確かに脳にシワが刻まれた感覚がありました



「遠野物語」自体は 誰にでも開かれている物語だと私は思っています


昔話のようでいて 教訓めいたものが語られている訳でもなく

むしろ語りっぱなしの感もある

でも読んだ人の心に 何か想いを残さずにはいられない

優れた文学なのか 緻密な民族史なのか

読めば読むほど分からなくなるけれど

それが何なのか知りたいexclamation×2

そんな気持ちにさせてくれる物語です

また勉強の機会があると良いな〜るんるん


ところで、フォーラムの出演者の中には

「遠野物語」を英訳した

ロナルド・A・モース先生もいらしていました


モース先生は 今回のもくもく新製品「ちびっ木」の誕生に大きく関わって下さった方なのです

おはなし木っこに早くから興味を示して下さっていたモース先生の

「もっと持ち歩きやすい小さなキューブがあれば飛行機の中でダイスのように取りだして遊ぶことが出来る」という御助言から

ちびっ木の製造に踏み切った訳ですわーい(嬉しい顔)


モース先生ともお話することが出来、

また新たなアイデアも頂きましたキスマーク

つねに柔軟かつ新鮮な発想をお持ちのモース先生


遠野物語もまだちゃんと理解していない私ですが

いつか英語版の遠野物語を読むことが出来たら素敵だろうな〜と思っています

posted by 研究員 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月23日

放牧の馬達

昨日は馬と人が一つ屋根の元に暮らす曲がり家を御紹介しましたが

馬といえば

当研究員のトクヨシさんちでは 馬を飼っているんですexclamation×2

普段は自宅で飼っている馬を この時期は放牧するそうで

遠野の荒川高原というところで

他の馬達とのびのび過ごしている写真を送ってもらいましたるんるん

2012ジンガ郎.jpg

賢そうなお顔が特徴の「ジンガ郎」くんです

仲間と一緒で楽しそうだな〜ぴかぴか(新しい)



遠野市は馬事振興にとても力を入れている所です

遠野馬の里という施設では 競馬用の若い馬を育成していますし

ホースセラピー病院を受ける事も出来ます



週末の街中には馬車がカッポカッポ走っていて、誰でも乗る事が出来ますし

ばんば大会(荷物をひく馬の大会)や

スポーツ流鏑馬の大会 などなど

馬を見る事が出来る機会がとても多いんですよぴかぴか(新しい)


都会で馬を飼うとなったら大変ですがあせあせ(飛び散る汗)

遠野なら お家で馬を飼う事も可能ですかわいい

馬が好きな方は是非一度遠野にいらしてみて下さいねハートたち(複数ハート)



ちなみに今馬達が放牧されている荒川高原は

高台から早池峰を見渡せる

絶景スポットでもありま〜す黒ハート

2012荒川高原から早池峰.jpg





posted by 研究員 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月22日

南部曲がり屋

かつて馬と人が一緒に暮らしていた遠野

馬は家畜であると同時に大切な家族でもあったのですね


遠野物語に出てくる「おしらさま」というお話は

馬と娘の悲恋のお話

一つ屋根の下で一緒に暮らすうちに馬と娘が愛し合うという…

曲がり屋での生活ならあるかも…と思います


曲がり屋は正しくは「南部曲がり屋」といいますが

人の生活スペースと、土間などをはさんで隣りに

馬の生活スペースが 同じ屋根の下にあるという形態です



今から200年ほど前に建てられた遠野を代表する曲がり屋が

千葉家の曲がり屋です

2012千葉家曲がり屋.JPG

少し前まで普通に人が暮らしていたのですよ〜


遠野では他にも

伝承園や遠野ふるさと村で 曲がり屋を見る事が出来ます

ふるさと村の曲がり屋には 本当の馬がいるんですよ

今度その画像もアップ出来たら…と思っていますわーい(嬉しい顔)
posted by 研究員 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月21日

パン

久ーしぶりにパンを焼きました

といっても焼いてくれるのはホームベーカリーですぴかぴか(新しい)

一回に1.5斤分のパンを焼きますが

育ち盛りの子ども達と 働き盛りの大人達が

あっという間にきれいに食べてしまいます目

今日はバナナとリンゴの牛乳パンで…

2012パン.jpg

写真に一緒に写っているのはケイトウです

もう花も秋仕様ですね…



パンは気温が高いせいか過発酵気味で あまりふくらみませんでしたが

パンが焼きあがるいいにおいって良いですよねグッド(上向き矢印)



途中までホームベーカリーにこねてもらって

アンパンやクリームパンを作る事もあります

子どもも一緒に出来て楽しい作業でするんるん

posted by 研究員 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月20日

連絡帳

二学期が始まりました黒ハート

七時半にはすっかり静けさが訪れた我が家…

ちょっと淋しいなバッド(下向き矢印)と思ったのもつかの間

掃除機が誰にもぶつからずかけられる〜るんるん

仕事がとってもはかどる〜るんるん

学校さん、給食さん、ありがとうっexclamation×2




子ども達は学校に行って友達に会い、たくさんパワーをもらってきた様子るんるん

一年生は二学期から自分で連絡帳を書くようになったらしく(次の日の持ち物とか書くノートがあるんです。宿題の内容や明日の持ち物など、親もチェックできて大助かり!)

得意満面わーい(嬉しい顔)見せてくれましたかわいい


「しゅくだい ぷりんといちまいおんどくはきのうとをなじ」

ん?何かひっかかるあせあせ(飛び散る汗)

もう一回読んでみよう

「おんどくはきのうとをなじ

「お」を「を」にしちゃってたか〜

「ここ、ちょっと読んでごらん」と読ませてみる

三回目くらいでやっと

「あー!!!」

気付いたんだねハートたち(複数ハート)

「おかあさん、おなじの「じ」は「ち」にてんてんだった?」

・・・・・・ちがうよ〜たらーっ(汗)

大丈夫かな?とちょっと(かなり)心配になった母でしたふらふら
posted by 研究員 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月19日

ハンコ集め

最近ちっちゃいハンコが便利でするんるん

2012はんこ.JPG

スマホを持ってはいるけれどアナログ人間の私(要するに使いこなせていないのですあせあせ(飛び散る汗)


予定は手帳とカレンダーで管理しているのですが

子ども達の習い事や学校の予定も一緒に書くため

だんだん面倒になって来た…もうやだ〜(悲しい顔)というのがハンコを買うきっかけでしたたらーっ(汗)


ここまで書いて気が付きましたが

今は「スタンプ」というのかながく〜(落胆した顔)


言葉は生きていて日々成長しているexclamation×2のは実感するところですが

この間もうっかり「ナウい」と口走ってしまい…

昔、ビロードは別珍でしたし

コーデュロイはコールテンでしたし

もうこんなことを懐かしく思い出す時点で…ふらふら

死語っていう言葉自体、最近耳にしないですねバッド(下向き矢印)


話は戻りますが

プラスチックで、浸透インクで、ちっちゃくて、デザインもかわいいハンコ達黒ハート

軸の部分だけでも木で出来ないかなあ〜かわいい

それだけで何回も押したくなっちゃうと思うのですけれどグッド(上向き矢印)

posted by 研究員 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月18日

グスコーブドリの伝記

今日は遠野市民センターで映画の上映がありました映画

「グスコーブドリの伝記」

言わずと知れた宮沢賢治さん原作のお話ぴかぴか(新しい)



岩手に住んでみて

宮沢賢治さんの知名度の高さ?に改めて驚いています目

いろいろな著名人の方も好きな作家に挙げている事の多い宮沢賢治さん

観光の方も「賢治のふるさと岩手」が大きな旅の目的になっていることが多いですね黒ハート


学生時代に衝撃を受けた「永訣の朝」

誰もが知っている「雨にも負けず」

子ども達の心をひきつける「注文の多い料理店」


子どもが一人で読むには少し難しい、長い話もありますが

きっと人生のどこかで出会って欲しい

そう願う作家の第一位かもしれません
posted by 研究員 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月17日

遠野夢花火

おととい15日は

毎年恒例の 遠野夢花火でした

遠野の花火大会の何がステキかって

のびのびーっと足を伸ばして 寝っ転がりながら花火を見られる事exclamation×2

花火の数も5000発と なかなか豪華ですし

子連れで見るには程良い時間(約2時間)

会場の早瀬川河川敷は 帰省中の若者や(普段はそんなに若者がいませんのであせあせ(飛び散る汗))家族連れ、シニアの御夫婦などで一杯わーい(嬉しい顔)

それでも敷物をゆったりしく余裕はまだまだありまするんるん


次々にあがる花火にいちいちコメントしたり

ちょっと飽きておやつを食べたり…

毎年夏休みの締めくくりはこの花火大会です

息子達はいつまで付き合ってくれるのかなあ〜ぴかぴか(新しい)


2012遠野夢花火.JPG



posted by 研究員 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月16日

台所栽培

自営業の我が家では

基本的に3食とも家で食べますレストラン


夏休み中の今は 毎食7人分なので

とうぜん台所にいる時間もそれなりに長いのですがあせあせ(飛び散る汗)

流しに向かいながら目で楽しんでいるのがコチラ


2012さつまいも.JPG


何の芽かお分かりですか?

正解は さつまいも黒ハート

濃い緑の葉に これまたくっきりとした紫の葉脈

芸術的〜るんるんなんて眺めながら お料理してます

たださつまいものしっぽを水につけただけなんですけどねたらーっ(汗)



同様に 子どもが摘んで来てくれたお花を眺める事もあり

庭のハーブを茎ごと生ける?こともあり

ちょこっとした緑があると 何となく気持ちがなごみますね
posted by 研究員 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月15日

がらくたロボット変身!

昨日の工作の続き…

仕上げに金色のスプレーをかけたらぴかぴか(新しい)

2012ロボット金ぴか面白い方.JPG

宇宙人?でもだいぶ印象が変わったと思いませんか?

裏側もシューーーーッexclamation×2

2012ロボット金ぴかカッコいい方.JPG

使用前?の写真も取ってあるので

どこにどんなガラクタが使ってあるのか 友達にクイズ出すんだ〜わーい(嬉しい顔)と張り切っていた息子です


金色のスプレーは2年前、二番目の息子が一年生だった時に

黄金のミイラの模型(家の子供達はなぜ変わったものばかり作ろうとするのでしょうかあせあせ(飛び散る汗))を作る時に使った残りなので

材料費ゼロ円の工作になりました


金色のスプレーはDIY店などで売っていますが割合高価ですもうやだ〜(悲しい顔)

でもピカピカおよびゴールドというキーワード

男子にはたまらない魅力なんですよね〜 
posted by 研究員 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月14日

工作

一年生の息子

夏休みの工作は「ロボット作りた〜いるんるん

と前から言ってましたダッシュ(走り出すさま)


家にあった空き箱やアイスのカップなどを使って

がらくたロボットを作ろう!ということにはなったのですが…


がらくたががらくたのまま毎日は過ぎ…もうやだ〜(悲しい顔)

ようやく今日完成しましたわーい(嬉しい顔)


2012がらくたロボ面白い方.JPG


………おお

すごいインパクトあるな〜ふらふら

みかんアイスのふたやらヨーグルトカップやらがユニークさを醸し出してます

頭に乗ってるのは 銀だこで買ったかき氷の容器

段ボールは頭にかぶれますよ〜ひらめき




裏側は別人のようにカッコよく

2012がらくたロボカッコいい方.JPG

うう〜ん、そうね、カッコいいexclamation&question

鼻はカレールーの空きパックです

かぶってみたら前が全然見えないことに気づき

穴をあけましたどんっ(衝撃)



「がらくた」ロボ

まさに…あ、いやいや…がらくたというよりこれは

廃物利用!リサイクル!

エコロボットexclamation×2ということで

落ち着きました(私がたらーっ(汗)


でもこの後あっと驚く仕掛けがぴかぴか(新しい)

夏休みの工作がまだの方、明日のブログを見てからどうぞご参考に〜わーい(嬉しい顔)
posted by 研究員 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月13日

お盆

お盆になると

人がぐっと減る所と

逆にぐっと増える所がありますね

遠野は思い切り「ぐっと増える」所ですかわいい


昨日あたりから車が多くなってきて

遠野では珍しく、細い道にも信号待ちの車が並んだりしてました車(RV)

「今日はずいぶん混んでるな〜あせあせ(飛び散る汗)

という私の独り言を聞いていた我が家の一年生

「分かった〜ひらめきみんなロンドンオリンピックの帰りなんじゃないexclamation×2



そうだね…オリンピック閉会したもんね…

でも帰りに遠野に寄るってことは…ないと思うよ…

けっこう時差もあるしね…


オリンピックが終わったという事は もうすぐ学校が始まるということもうやだ〜(悲しい顔)

遠野は始業式が17日です  は、早いっexclamation×2と思いませんか?

お盆の仕事の忙しさに加えて

宿題追い込みのつらさが母ちゃんの肩にのしかかっているのでした
posted by 研究員 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月12日

無印良品のグログに…

何を隠そう(隠してないけど)

研究員マツダは無印良品ファンです黒ハート


小学生の時のサンタさんへのお願いはクリスマス

「無印良品のものがたくさん欲しいでするんるん」でした

(実際サンタさんは無印良品の雑貨をたくさんプレゼントしてくれて、今でも使っているものもあるんですよ〜)



岩手に出来たのは少し遅くて あまりあちこちにはないため

もっぱら実家に帰った折には 無印良品の店舗を物色するのが かなりの楽しみかわいい


そんな そんな 無印良品の取材がもくもくに!となったときの衝撃といったらも〜exclamation×2

当日は残念ながら用事があって立ち会えなかったのですがもうやだ〜(悲しい顔)


全国を旅しながらリポートを発信されている長谷川さんご夫婦の 

無印目線での温かく誠実な内容の 取材が

連載ブログMUJIキャラバンにて紹介されていますぴかぴか(新しい)

http://www.muji.net/lab/blog/caravan/

他にもいろいろなところが紹介されていて読み物としても楽しいブログですわーい(嬉しい顔)
posted by 研究員 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記